全試合無観客で開催決定 全国高校ラグビー大会

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開催可否が協議されていた、全国高校ラグビー大会の開催が12月3日、確定した。全国高等学校体育連盟、大阪府・大阪府教育委員会など、主催4団体が同日までに承認した。開会式も含め、全試合が無観客で行われる。

主要大会の主な感染症対策

高校ラグビーはボディーコンタクトが多く、開催エリアが集中していることなどから、どう感染を予防するかが大きな課題となり、慎重に協議が進められてきた。最終的には、感染症対策は政府や関係自治体の方針を基本とすることで、開催が決定された。

ただし、開催地・大阪での感染拡大が続いていることもあり、▽参加の可否は参加校の自治体の判断に基づき、各学校長の判断で決定する▽緊急事態宣言が発出された際には、開催を別途検討▽感染症対策アドバイザーを準備し、大阪府、東大阪市保健所の確認を得る▽出場校ならびに実行委員会はコロナ感染対策の連絡員を配置し、常時情報共有が図れること――とした。また、関係者の安全を図る運営実施対策も含めた。

同大会は12月27日に開幕し、花園ラグビー場(東大阪市)などで28日、30日、来年1月1日、3日、5日、9日の7日間にわたって行われる。

高校ラグビーの開催決定により、高校サッカー、高校駅伝など、冬の高校スポーツの主要イベントがそろった形になった。


関連

あなたへのお薦め

 
特集