集まれなくてもアートでつながる 光明学園が特別な文化祭

コロナで集まれなくてもアートでつながろう――。特別支援学校の都立光明学園(田村康二朗校長、児童生徒225人)で11月30日、入院中の子供も含めた全ての子供たちが共同制作した壁画が完成し、同校の文化祭「光明祭」でお披露目を迎えた。新型コロナウイルスの感染防止のため、今年は12月1日から1日に、1学年につき1家族だけを招待。家族は授業参観とともに、子供たちのアート作品を見て回る。“特別な文化祭"の幕が上がった。
1日1組限定の文化祭

「今年は一度も全員で集まることがなかったけど、こうしてみんなで今日を迎えられてうれしい」

開会式で、壇上に登った田村校長は笑顔で子供たちに語り掛けると、光明祭の開会を宣言した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。