高校1人1台端末「来年から順次整備進めたい」 文科相

高校の1人1台端末整備について、萩生田光一文科相は12月4日、閣議後会見で、「せっかく小中学校でGIGAスクールがスタートするのだから、シームレスで高校に移行できるのが一番望ましい。多様な実態に合わせて、補正予算でその対応をしていきたい」と述べた。政府は追加経済対策を来週決定し、その内容を反映した今年度第3次補正予算案を編成することにしており、高校の端末整備についても盛り込まれる見通しになった。萩生田文科相は「(小中学校のように)同じスペックの端末を1台ずつ配ることを考えているわけではない」と高校生のニーズに対応する必要性を強調しつつ、「来年から順次、少しずつ整備を進めていきたい」と説明した。

萩生田文科相は「高校におけるICTの環境整備に向けては、多様な実態がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。