「?」「!」のサイクルで理科の楽しさを TIMSS2019

国際教育到達度評価学会(IEA)が12月8日に公表した「国際数学・理科教育動向調査」(TIMSS2019)の結果によれば、「理科の勉強は楽しい」と答えた児童生徒の割合は増加傾向にある。東京都世田谷区の三田国際学園中学校・高校(大橋清貫学園長、生徒1306人=11月現在=)で理科・生物を担当する大野智久教諭は「探究型の授業など、ここ数年の取り組みが背景にあるのでは」とみる。生徒が「理科の勉強は楽しい」と感じる授業の秘訣(ひけつ)は何か、大野教諭に話を聞いた。

理科の授業の中で、生徒たちが最も夢中になる時間とは――。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。