中2数学は上昇、小4理科は下落 TIMSS2019

国際教育到達度評価学会(IEA)は12月8日、小学4年生と中学2年生の児童生徒を対象に、昨年2月から3月にかけて実施した「国際数学・理科教育動向調査」(TIMSS2019)の結果を公表した。小4の算数・理科、中2の数学・理科の平均得点を4年前の前回調査と比較すると、日本は中2の数学で得点が上昇した一方、小4の理科で得点を下げた。中2の理科と小4の算数の得点は、ほぼ横ばいだった。順位は4教科とも5位以内に入り、これまでの調査と同様、国際的に高い水準を維持した。また、児童生徒の学習意欲をみると、「勉強は楽しい」との答えが4教科全てで増加したものの、小4の理科以外では、国際平均を下回った。

TIMSSは児童生徒の算数・数学、理科の教育到達度を国際的な尺度で測定し、学習環境などの諸要因との関係を組織的に研究する目的で、1995年から4年ごとに実施されている。2019年の調査では、小4は58カ国・地域、中2は39カ国・地域が参加した。日本からは小4が147校約4200人、中2は142校約4400人が無作為で選ばれて参加した。

実施方式には今回から従来の筆記型に加えて、CBT(コンピューター使用型調査、Computer Based Testing)が選択できるようになった。日本は筆記型で参加したが、シンガポール、香港、韓国、台湾、フィンランドなどの上位国はいずれもCBTでの参加を選択した。

調査では、初回となった1995年の国際平均を500点として基準値に設定し、変化を比較できるように調整されている。

その結果、児童生徒の学力では、小4算数は593点(前回593点)で得点に変化はなく、順位は前回と同じく5位。中2数学は594点(同586点)と8点上がり、5位から4位に上昇した=グラフ1参照。小4の理科は562点(同569点)で7点下がり、3位から4位に下落した。中2の理科は570点(同571点)で1点下がり、2位から3位に順位を落とした=グラフ2参照

参加国の順位を平均得点でみると、小4の算数・理科、中2の数学・理科の全てで、前回の1995年調査と同じくシンガポールが1位となった。2位は小4の算数が香港、小4の理科が韓国、中2の数学と理科が台湾。3位は小4の算数と中2の数学が韓国、小4の理科がロシア、中2の理科が日本だった=表参照

また、算数・数学と理科に対する児童生徒の意識を把握するため、質問紙による調査も同時に行っている。

このうち学習意欲を示す「勉強は楽しい」と答えた児童生徒の割合をみると、日本は小4の算数・理科、中2の数学・理科の全てで、前回よりも「勉強は楽しい」と答えた割合が上昇しており、学習意欲の改善がみられた。しかしながら、国際平均と比べると、小4の理科を除いて、学習意欲を示す割合は低かった。

具体的には、「勉強は楽しい」と答えた児童生徒は、小4の算数が77%(国際平均84%)、中2の数学が56%(同70%)、小4の理科が92%(同86%)、中2の理科は70%(同81%)だった=グラフ3・4参照。

文科省では、児童生徒の学力や学習意欲の向上を図るためには、「新学習指導要領の着実な実施が必要」と強調。「主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善や、言語能力、情報活用能力育成のための指導の充実を図っていく」と説明している。

同省は、新学習指導要領を踏まえ、理数教育を充実するアプローチとして、次の項目を挙げた。

【算数・数学】
  • 日常生活や社会の事象、数学の事象から問題を見いだし主体的に取り組む数学的活動を充実。
  • 小中学校教育を通じて統計に関する内容を充実。
  • 数学的活動を楽しめるようにするとともに、数学を学習する意義や数学の必要性などを実感する機会を設ける。
【理科】
  • 自然の事物・現象に進んで関わり、見通しをもって観察、実験などを行い、その結果を分析して解釈するなどの科学的に探究する学習を充実。
  • 理科を学ぶことの意義や有用性の実感及び理科への関心を高める観点から、日常生活や社会との関連を重視。
次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集