教職員10人が感染 学校運営できず臨時休校、兵庫

兵庫県教委は12月7日、県立御影高校で教職員10人が新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者の自宅待機も含めると、学校運営ができなくなるとして、18日まで臨時休校すると発表した。

また、県内各校に職員室などの感染防止対策の徹底を通知し、注意を喚起した。

同県教委によると、御影高校では教職員10人と生徒3人の計13人の感染が確認され、さらに教職員18人、生徒4人が濃厚接触者とされた。

28人もの教職員が療養や自宅待機となり、学校運営ができないため臨時休校を決めたという。保健所による聞き取り調査でも、感染経路は分かっていない。

これを受けて同県教委は、県立学校や市町村教委に向けて、職員室などの感染防止対策の徹底を通知。職員室や教科準備室、更衣室の換気や消毒を徹底するとともに、食事中の会話を控えること、風邪の症状がみられた場合は無理せずに休むよう教職員に指導することなどを求めた。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集