行政事業検証、取りまとめ公表 学校ICT化や子供の貧困

政府の行政改革推進会議(議長・菅義偉首相)は12月9日、第41回会合を開き、11月中旬に行われた「秋の年次公開検証(秋のレビュー)」の指摘事項について取りまとめを行った。国の予算執行の無駄や事業の効果を外部有識者が点検するもので、教育関連では「教育現場のオンライン化の推進」や「子供の貧困・シングルペアレンツ問題」「幼稚園の預かり保育の促進」などを取り上げた。菅首相は今回の会合での議論を踏まえ、「こうした提言は予算編成に積極的に反映していただきたい」と述べた。

教育現場のオンライン化の推進

取りまとめではGIGAスクール構想を踏まえ、「デジタル社会にふさわしい授業や教育の在り方を検討し、これを可能にするオンライン授業などに関する各種規制の見直しや、必要となる教職員の能力向上がさらに検討されるべきである」と指摘。

その中で、教員の能力向上について「都道府県ごとに教員に対するICT研修に大きな差が生じており、所期の目的の実現可能性に疑義が生じている」として、取り組みが不足している地域に対し、文科省がしっかり働き掛けを行うことを求めた。

また学習者用デジタル教科書の普及促進についても、「紙からデジタルへ切り替えを進めていく上で、標準化などを進めて、より少ない予算でより教育効果が上がるよう、遅滞なく検討を進めていくべきである」とした。……