東京都が次期教育施策大綱骨子案 「誰一人取り残さない」

東京都は、これからの都の教育の方向性を示す次期「東京都教育施策大綱」の骨子案を、12月10日に開かれた今年度第3回総合教育会議で示した。東京の目指す教育として「誰一人取り残さず、すべての子供が将来への希望を持って、自ら伸び、育つ教育」を掲げ、その実現に向けてICT活用など基軸となる学びの姿を描いた。

会議には小池百合子都知事、藤田裕司教育長と5人の委員も参加。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。