福祉系高校に修学資金貸付事業を創設 厚労省予算案

15カ月予算として12月21日に閣議決定した2021年度予算案などで、厚労省は子育て支援や児童虐待防止、コロナ禍により悪化が予想される就職活動の支援などを拡充する。新規事業として、福祉系高校で介護福祉士の資格取得を目指す生徒を対象とした返済免除付きの修学資金貸付事業を創設する。

同省では、新型コロナウイルスの感染防止対策をはじめ、コロナ禍における保険・医療・介護の体制構築、雇用就業機会の確保、「新たな日常」の下での生活支援を重点事項に掲げる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。