自律した学習者育成を強調 教育課程部会が審議まとめ案

中教審教育課程部会は12月22日、第122回会合をオンラインで開き、第10期としての審議のまとめ案を大筋で了承した。前回会合での議論などを踏まえ、素案から学習評価に関する項目を独立させ、ICTを活用した個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実を強調。コロナ禍による長期休校の経験を踏まえ、子供が自ら学びを進める力や、STEAM教育による問題解決能力の育成などへの記述を追加した。

この日示された「教育課程部会における審議のまとめ」の案では、Society5.0時代の到来を見据え、学習指導要領に基づく個別最適化された学びと協働的な学びを、コロナ禍の学校や地域で展開していく際の視点を整理。学校がカリキュラム・マネジメントを行いながら、STEAM教育などの教科等横断的な学習を通じて、子供たちの資質・能力の育成を図れるように教育課程の改善を進めることの重要性をうたった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。