【大学入試】英語4技能評価の論点整理 検討会議で提示

文科省の「大学入試のあり方に関する検討会議」が12月22日に開いた第20回会合で、座長代理を務める川嶋太津夫大阪大学高等教育・入試研究開発センター長は、これまでの議論を踏まえ、論点を整理した。4技能評価の意義に加え、大学入学共通テストでの資格・検定試験活用への課題と解消策、高校教育までの学校教育の充実、4技能評価の実施上の課題などの項目をまとめた。

共通テストで資格・検定試験を活用することについては▽国・大学入試センターと試験団体の関係▽地域・経済格差▽障害者への配慮▽異なる複数試験を単一尺度で対照させる仕組みの妥当性▽コロナ禍での安定実施の懸念――などを整理。解消策として、試験会場の大幅増、受験料の更なる減免、障害者への合理的配慮のバラツキ解消などを挙げた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。