小学生4人に1人が便秘の可能性 10日間の記録を分析

トイレにまつわる教育活動などに取り組んでいる日本トイレ研究所は12月22日、小学生の日常生活における排便の実態に関する調査結果を公表した。10日間の排便記録を分析し、4人に1人程度の小学生に便秘の可能性があることが分かった。

10日間のうち、排便があった日数(日本トイレ研究所提供)

調査結果によると、便秘が疑われる硬い便が10日間で2回以上あった児童は24.6%を占め、全学年で男子より女子の方が高い割合だった。

排便回数をみると▽毎日 33.9%▽0~3日 5.7%▽4~5日 14.5%▽6~10日 79.8%――で、毎日排便する習慣が身に付いていない児童が一定数いる実態が浮き彫りとなった。
この結果を受け、同研究所では、学校で排便の記録を付けさせるなど、自分自身の健康状態を把握して体調管理につなげることが重要だと指摘している。
同調査は、調査の目的に賛同した小学校に協力を依頼し、11月10~19日の10日間、1~6年生の児童に排便の有無や便の形状を記録する「うんちチェックシート」を付けてもらい、10日間全てに記録があり、性別の記載がある5678人を対象に分析を行った。


関連

あなたへのお薦め

 
特集