ポストコロナ時代の研究 「社会貢献への昇華」目指す

生徒たちが中学1年生から第一線の研究に触れ、学会発表までこなす広尾学園中学校・高校(南風原朝和校長、生徒1689人)の医進・サイエンスコース。設立から10年がたち、またコロナ禍という環境も加わって、同コースの木村健太統括長は新たな研究のフェーズを模索しつつあるという。木村統括長は、ポストコロナ時代の研究の方向性として「社会とのつながり」を挙げ、学術への貢献だけでなく、起業にもつなげたいと話す。




いきなり「ハンバーガーを食べちゃう」

「プラナリアにおける幹細胞ニッチ関連遺伝子の機能解析」「SIRモデルを用いたデング熱の流行過程の再現及び介入方法の考察」――。広尾学園中学・高校の校舎に足を踏み入れると、大学や研究所と見まがうような研究発表のポスターが掲示されている。廊下の本棚には専門的なサイエンス雑誌が並び、生徒たちがすぐ手に取れる環境が作られている。

かつて生徒数の激減に見舞われた女子校が、2007年の共学化を皮切りに、改革に向けて大きく舵を切った――という経緯を持つ広尾学園。医進・サイエンスコースは11年に設置され、授業だけでなく、研究活動や中高大・産学連携を軸としたカリキュラムが特色だ。

木村統括長は自身も、大学院で筋ジストロフィーの遺伝子治療を研究した経歴を持つ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。