児童生徒の感染6159人、教職員830人 昨年6~12月

学校の本格再開後の昨年6月から12月までに新型コロナウイルスに感染した児童生徒は6159人、教職員は830人となったことが1月5日、文科省の公表した調査結果で明らかになった。感染経路は、「家庭内感染」が小学生で75%、中学生で60%に上ったが、高校生では「感染経路不明」が32%と最多で「家庭内感染」を上回った。また、教職員は「感染経路不明」が56%と最も多かった。

集計期間は昨年6月1日から12月31日まで。同一の学校で5人以上の感染者が確認された事例は126件(小学校23件、中学校21件、高校78件、特別支援学校4件)に上り、国内の新規感染者数の急激な増加に伴い、この1カ月余りで2倍以上に増えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。