【緊急事態宣言】高校部活動「一時的に制限」も 文科相

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された場合でも、一斉休校を避ける方針を明確にした一方で、萩生田光一文科相は1月5日、「最近の学校における感染状況を踏まえ、部活動などにおける感染症対策を徹底していただく必要がある」と述べた。特に感染例が多い高校においては「感染リスクの高い活動を一時的に制限することも含め検討するなど、感染症への警戒を強化していただきたい」と要望した。

部活動について萩生田文科相は「活動中のみならず、集団での移動・会食・宿泊や寮生活など長時間にわたって部員が行動をともにする場合もあり、集団内での感染拡大の可能性があると考えている」と述べた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。