【緊急事態宣言】1人1台端末の早期納品を要請へ 文科相

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、首都圏に緊急事態宣言が発令される見通しであることを受け、GIGAスクール構想での児童生徒1人1台の端末を早期に整備するよう、萩生田光一文科相が民間事業者に協力を依頼することが1月6日、明らかになった。文科省は緊急事態宣言下でも一斉休校は避ける方針を示しているが、やむを得ず登校できない場合でも、自宅などでオンライン学習が続けられる環境を作る。7日には萩生田文科相が、日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)に加盟する民間事業者とオンラインで面会し、協力を依頼する。

7日の面会では、緊急事態宣言が発令される予定の1都3県を中心に、端末の納品を急いでもらうように要請する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。