【山藤氏×庄子氏×前田氏】 ダメな授業をやる日もある

既定の学校教育の枠を越えて子供たちの学びの可能性を広げる、新渡戸文化中学・高校の山藤旅聞教諭、東京都調布市立多摩川小学校の庄子寛之指導教諭、元高校教師で合同会社楽しい学校コンサルタントSecondの前田健志氏。3人をゲストに迎え、「それでも先生は面白い!」をテーマに次世代の教師像を考えるオンライン鼎談(ていだん)を開催した。司会は教育新聞記者の板井海奈。教員志望者から寄せられた質問をもとに、児童生徒が楽しめる授業づくりのヒントや、授業に挑む心持ちなど、初任者がぶつかりがちな壁の越え方について議論を深めた。(全3回の第2回)……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。