1人1台端末の前倒し納品 「端末確保難しい」との声も

新型コロナウイルスの感染拡大により、オンライン授業などICTを活用した学びの保障が必要となることを見越し、萩生田光一文科相は1月7日、日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)に加盟する民間事業者とオンラインで面会し、GIGAスクール構想による1人1台端末を早期に納品するよう協力を依頼した。ただ文科省の担当官によれば民間事業者から、世界的な需要の高まりを背景に、端末の確保が難しくなっている状況も報告されたという。

萩生田文科相が面会したのはパソコンなど端末のメーカー、リース事業者、販売事業者、通信事業者、業界団体など40社以上、約100人の民間事業者。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。