大雪で臨時休校・短縮授業1557校 日本海側など18道県

前線を伴った低気圧の発達で、日本海側を中心に大雪の被害が広がっている。臨時休校としている学校は1月8日午後5時現在、17道県で1121校、短縮授業とした学校は16県・428校で、合わせて18道県・1557校にのぼる。福岡県の公立小学校では、児童1人が登校中に転倒して軽傷を負った。また秋田県、新潟県の公立学校19校で、屋根・ひさしの一部損壊や倒木などの物的被害があった。

臨時休校となった地域は島根県(276校)、福岡県(183校)、富山県(129校)など。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。