【緊急事態宣言】大学入試の感染対策 文科省、各所に要請

首都圏の1都3県に緊急事態宣言が再発令されたことを受け、文科省は1月8日、予定通り実施する大学入学共通テストについて、事前の健康観察を徹底することなどを求める通知を、全国の教委などに向けて出した。また各大学に対しては、共通テストや一般選抜の会場での感染対策を徹底するよう依頼するとともに、全国知事会に対しては、人の移動に関する自粛要請が必要となる場合でも、受験生や試験業務に従事する教職員の県境を越えた移動には影響が生じないようにする配慮を求めた。

共通テストに関しては▽自主検温の確実な実施も含めた健康観察を徹底し、その結果を記録し、試験会場へ必ず持参すること▽試験当日は、試験場内では、常にマスクを着用し手指消毒や三つの密の回避などを行い、休憩時間等は、他の受験者との会話、交流、接触を極力避けるなど、感染症対策を徹底すること――などを求めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。