【緊急事態宣言】1都3県の対応方針 分散登校や部活動制限

政府が1月7日に新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を再発令したことに伴い、対象となった東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の各教育委員会は対応方針をまとめた。いずれも原則として休校せず、高校入試についても予定通り行う方針だが、分散登校や部活動・学校行事の制限を行うなどして、感染拡大を防ぐ。
東京都

東京都教委が1月7日夜に公表した都立学校の対応方針によると、感染状況に応じて、各学校で対面での指導と家庭でのオンライン学習の配分を変えて対応していくことを基本に、マスクの着用や健康観察などの指導を徹底する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。