【緊急事態宣言】学校現場のチェックリストを通知 文科省

首都圏の1都3県に緊急事態宣言が出されたことを踏まえ、学校教育活動の継続を目的として、文科省は1月8日、全国の学校現場に新型コロナウイルス感染症対策の総点検を求める通知を出した。学校現場における感染症対策の考え方について、教科ごとの留意事項などを改めて整理し、冬場の教室での換気と防寒対策など学校現場が再確認すべき事項をチェックリストにまとめた。萩生田光一文科相は同日の閣議後会見で、「地域一斉の臨時休業を要請することは考えていないが、現在の感染状況を踏まえれば、社会のあらゆる分野で新規の感染者を1人でも減らすことが不可欠。学校も当然その例外ではない」と述べ、学校現場に感染症対策の徹底を求めた。

通知は1月8日付で、都道府県教委などに出された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。