寺子屋を全国1000カ所に 教育格差の解消目指す

地域の教育格差の解消を目指し、新たな学びのネットワークづくりが本格始動している。昨年夏に立ち上がった「あしたの寺子屋創造プラットフォーム」は、放課後などに子供や大人が集まり、さまざまなことを学ぶ拠点である「現代版の寺子屋」を各地に1000カ所開設する計画を立てている。地域の人材やオンラインなどをフル活用した、同プロジェクトに迫った。




目指すのは第三の居場所

現在、地方では過疎化の進行により社会教育施設や学習塾が維持できず、学びの場が急速に失われつつある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。