修学旅行は「工夫の上で実施を」 文科相、意向変わらず

首都圏に緊急事態宣言が発令されたことを受け、かねてよりコロナ禍でも修学旅行をできるだけ実施するよう求めてきた萩生田光一文科相は1月12日、閣議後会見で「子供たちにとって、かけがえのない貴重な思い出となる教育効果の高い活動。適切な感染防止策を十分に講じた上で、その実施について最大限の配慮をお願いしたいという考えに変わりはない」と述べ、近距離での実施や旅行日程の短縮のほか、最終学年でない場合は翌年度への実施の繰り越しなどの工夫を改めて求めた。

緊急事態宣言が発令された現状では「学校や教委などの学校設置者において、学校の所在地や目的地の感染状況、(新型コロナウイルス感染症対策本部が決定した)基本的対処方針や(文科省の)衛生管理マニュアル、(日本旅行業協会の)国内修学旅行の手引きなどを踏まえて、感染防止策の確実な実施や、保護者などのご理解・ご協力を前提に、適切に判断をしていただきたい」とした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。