「#学校ゆるくていいじゃん」に賛否 現役教員も校則議論

コロナ禍で緩和された学校のルールは、このままでもいいのではないか――。校則や部活動、教員の働き方などを世の中に発信している内田良名古屋大学准教授の問題提起が、SNS上で大きな議論を呼んでいる。内田准教授らが主宰する「みんなの学校安心プロジェクト」は1月4日と11日に緊急のオンラインシンポジウムを開き、現役の教員も交えて活発なディスカッションを行った。

内田准教授は1月3日に、Yahoo!ニュースに「理不尽な校則 なぜ変わらないのか ――コロナ禍の校則緩和から『学校依存社会』を読み解く」と題した記事を公開。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。