NPO理事長「休校しないことは重要」 貧困家庭の窮状訴え

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、貧困世帯への学習支援などを行うNPO法人キッズドアは1月13日、記者会見を開き、コロナ禍で失業するなど経済的に厳しい家庭の実態を訴えた。政府が緊急事態宣言の再発令後も一斉休校はしない判断をしたことについて、同NPOの渡辺由美子理事長は「前回の一斉休校では給食(を食べる機会)がなくなり、家庭での食費が大変な負担となった。休校しないことはすごく重要なことで、何とか維持をしていただきたい」と強調した。

キッズドアは昨年12月29日から今年1月5日にかけて、支援対象者である高校生までの子供を持つ保護者1435人にアンケートを実施。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。