小児性愛障害の研究など要望 わいせつ教員対策で自民党

児童生徒などにわいせつ行為を行って懲戒処分を受けた教員の再任への対策をめぐり、自民党は1月14日、文部科学部会を開き、包括的政策に実効性を持たせる方針を改めて確認した上で、文科省に対し、小児性愛障害の医学的知見を踏まえた研究や対策について厚労省と取り組むよう求めた。また、1月18日に開会する通常国会への提出を見送った教育職員免許法の改正に関連し、改めて教員免許の在り方を検討し直すよう促した。

赤池誠章・文科部会長(参院議員)によると、部会では、わいせつ教員への厳正な対処や予防的取り組み、採用段階の取り組みという包括的な政策に実効性を持たせていく方針を確認。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。