【教員×投票】修学旅行は実施か中止か どうすべき?

かねてから修学旅行について「中止ではなく、工夫して実施を」と呼び掛けてきた萩生田光一文科相は1月12日、閣議後会見で「子供たちにとって、かけがえのない貴重な思い出となる教育効果の高い活動。適切な感染防止策を十分に講じた上で、その実施について最大限の配慮をお願いしたいという考えに変わりはない」と改めて述べ、近距離での実施や旅行日程の短縮のほか、最終学年でない場合は翌年度への実施の繰り越しなどの工夫を求めました。

あなたは実施か中止か、どうすべきだと思いますか? 実施の場合は、どのような工夫が最も適切だと思いますか?

関連記事
あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから
Facebookコメント

Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。