ワクチン接種の学校施設活用などに協力を 文科省が通知

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ワクチン接種に向けた準備が各地で進む中、文科省は2月1日、全都道府県の教育委員会などに、今後、所管する学校などの施設を接種会場に活用したいとの要望を受けた場合、教育活動に支障のないよう配慮した上で積極的に協力するよう求める通知を出した。

文科省の通知は、厚労省から同日付でワクチン接種会場として学校施設などの利用について依頼を受けたことを踏まえて出された。文科省もワクチン接種会場の確保は重要な課題と認識しているとした上で、各地の自治体から学校施設や社会教育施設など、教委が所管する施設の使用を要望された場合は、積極的に協力するよう求めている。

ただし、協力する際の留意点として、準備段階から接種後の活動再開まで円滑に進むよう、ワクチンの接種部署と連携して実施計画を確認することや、実施計画の情報を早期に施設管理者に連絡するよう促している。

また、児童生徒の教育活動にできるだけ支障のないよう「学校の施設を使用する場合の工夫例」も示した。具体的には、日程の調整について、休日は学校、平日はその他の公共施設といった分担をすることや、特定の学校を長期間、会場として固定せず、複数の学校を持ち回る形にすることも考えられるとしている。

学校施設の使用に関しては、近隣の学校や施設と連携して、予定していた教育活動を実施すること、さらに感染症対策としては、会場となる学校で適切な動線の設定や使用区域を明確にすることなども求めている。

次のニュースを読む >

関連