コロナ禍で命の大切さ伝えたい 小学3年生がアプリ開発

多くの人に命の大切さを考えてほしい――。横浜市立新橋小学校(樋渡=ひわたし=典子校長、児童645人)の3年2組の児童たちが、約半年をかけて開発したアプリ「みんなの命を守ろう大作戦」が2月5日、リリースされた。同日に行われた最後の授業では、プログラマーや医療関係者ら、アプリづくりに協力した人もZoomで参加し、子供たちはアプリの完成を喜びながら、この授業で学んだことや感謝の言葉を伝えた。

「3、2、1…」

カウントダウンが終わり、Zoomの画面上でアプリが無事にリリースされたのを見届けると、教室は歓声に包まれた。

リリースしたアプリを見せながら子供たちと喜びを分かち合う藤井教諭

新型コロナウイルス感染防止への理解を広めようと、アプリには子供たちが考えたさまざまなコンテンツが搭載されている。例えばクイズでは、学校生活などで気を付けなければならないことが3択などで示され、正解すると「ピンポーン」と、実際に収録された子供の声が答えてくれる。また、触れてはいけないものを避けるゲームや、日々の個々人ができる感染防止対策などを確認できるチェックリストといった機能も備えている。

中でもユニークなのは「幸せ見つけ」と名付けられたコンテンツ。これは、子供たちが日々の生活の中で感じたうれしいこと、楽しかったことなどを描いた絵が展開され、何かとストレスの多いコロナ禍の日々であっても、小さな幸せを見つけることの大切さを伝えている。この「幸せ見つけ」には、ユーザーが実際に自分自身の幸せを見つけ、その瞬間を写真に撮って保存できるようになっている。

「身近な人から世界中の人まで、いろいろな人に使ってもらえたら」「コロナの対策が十分ではない人に、アプリを通して正しいやり方を知ってほしい」「これからも人の役に立つアプリをつくっていきたい」と子供たち。その表情には、自信と達成感がにじみ出ていた。

実際のアプリ制作では、プログラマーやアーティストらが参加し、技術面のサポートだけでなく、プログラミングやウェブデザイン、音楽などを指導。さらに医療関係者も加わり、クイズの内容やコロナ禍での過ごし方について、専門的な立場からアドバイスをした。授業では、Zoomでこうした人たちと教室をつなぎ、子供たちはさまざまなプロの大人たちと関わりながら、アプリをより質の高いものに仕上げていった。

子供たちが開発したアプリ「みんなの命を守ろう大作戦」

2月5日に行われた授業では、これまで関わってきた人たちもZoomで参加。それぞれの思いや子供たちへの期待を話した。それを聞いた子供たちからも次々に手が挙がり、印象に残ったことや感謝の気持ちを伝えていた。

電子打楽器奏者で音楽教育家のMASAKingさんは「久しぶりにみんなの顔を見たけど、顔つきが変わった。夢中になってやり遂げると感動するね。生きるとは素晴らしいということを、みんなから教わった」と子供たちに語り掛けた。MASAKingさんは、この授業の一環で子供たちにタブレット端末で音楽を作る楽しさを伝えており、そこで学んだことは、アプリの音楽に生かされている。

藤井教諭は「教師だって万能じゃない。子供にとってメリットになるならば、どんどん外の人の力を借りて、教育の質を上げる。オンラインが普及した今だからこそ、これを生かさない手はない」と強調。半年間の探究的な学びを通じて、子供たちの成長を実感していた。

リリースされたアプリはアップル社のiPhoneなどに対応し、APP Storeから無料でダウンロードできる。

次のニュースを読む >

関連