国公立大入試24大学で足切り 2139人が不合格に

文科省は2月24日、2021年度国公立大学入試の第2次試験の確定志願状況と、前期日程の2段階選抜実施状況を公表した。

確定志願状況は募集人員9万8978人のところ、志願者は42万5415人で、倍率は4.3倍となった。2段階選抜を実施したのは、24大学、37学部で、2139人が不合格となった。

確定志願状況を国公立別に見ると、国立大学は▽前期 17万7178人、2.8倍▽後期 11万8753人、9.0倍▽合計 29万5931人、3.8倍。

公立大学は▽前期 5万8225人、3.6倍▽後期 4万2168人、12.1倍▽中期 2万9091人、12.3倍▽合計 12万9484人、5.9倍。

また2段階選抜を実施した大学を国公立別に見ると、▽国立 17大学、26学部、不合格1448人▽公立 7大学、11学部、不合格691人。

2段階選抜による不合格者が多かったのは▽東京大学 482人▽東京都立大学 445人▽愛媛大学 201人▽一橋大学 149人――など。

次のニュースを読む >

関連