オンラインでの学習支援に可能性 キッズドアが成果報告

子供の貧困問題の解決に向けて、地域の学習支援などを展開するキッズドアはこのほど、コロナ禍で取り組んだオンラインによる学習支援の試みに関する成果報告会を開いた。渡辺由美子理事長は「やってみたら結構オンラインでもできることが分かった」と話し、今後、オンラインによる新たな支援を広げていくことに意欲を見せた。

オンライン学習会の手応えと展望を語る渡辺理事長(Zoomで取材)

キッズドアではこれまで、全国各地で経済的に厳しい家庭の子供を中心に無料の学習支援事業を行ってきたが、昨年の新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中は、対面での学習支援ができなくなったことから、環境がない家庭には端末やWi-Fiルーターを無償貸与するなどして、ZoomやLINEを活用したオンライン授業に切り替えた。

教育支援事業部チーフコーディネーターの東操(ひがし・みさお)さんは「特に受験生は、対面授業とオンライン授業のハイブリッドになり、学習の機会が増えた。月2回でどれくらい受験生をサポートできるのかというこれまであった課題も、オンラインを入れることで少し解消できたのではないか。自宅から出席できることもあり、生徒の出席率は通常の学習会よりも高かった。教える側も日程の調整がつきやすい」とメリットを挙げた。

実際に、キッズドアがオンライン学習会に参加した子供に対して成果検証を実施したところ、オンライン学習会でもリアルな学習会と同じような寄り添い方の学習支援ができており、端末からすぐにアクセスできたり、1対1で話ができたりすることから、オンラインの方が進学や奨学金などの情報を入手できる傾向にあったという。

渡辺理事長は「貧困家庭の子供への学習支援は、塾や予備校と違って、勉強で分からないところを教える前に、いい大人と出会い、いろいろな話を聞いて社会関係資本を得ることにある。これはリアルでしかできないと思っていたが、やってみたら結構オンラインでもできることが分かった。オンラインでの学習支援は、都市部と地方の教育格差に一石を投じる解決策になるかもしれない。キッズドアとしても挑戦していきたい」と、オンラインによる学習支援の可能性を語った。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集