葉一さんがオンライン授業のコツ披露 教育イベントで

教育系YouTuberの葉一さんと、現役保育士でYouTuberの「てぃ先生」がこのほど、東京都港区のDMM.comの本社で開催されたトークセッションに登壇した。「子どもが学びたくなる! 楽しいオンライン学習を生み出す」をテーマに、オンライン授業で子供を夢中にさせるコツや、教育現場のICT活用についてトークを繰り広げた。モデレーターは「先生の学校」を主宰する三原菜央さんが務めた。

オンライン学習について語り合う(右から)葉一さん、てぃ先生、三原菜央さん

オンライン上で子供を夢中にさせるコツについて、葉一さんは「(配信動画は)教科書レベルの内容で決して楽しいものではない」とし、「だからこそ子供たちの時間を奪っている感覚を常に持ち、飽きない、疑問が残らない内容になるよう、(動画中の)板書や授業内容を研究し続けている」と説明した。

例として板書の見やすさを挙げ、「日本中の誰よりもこだわっている自負がある」と冗談めかしつつも、一文字、一文字を定規で測るほか、3種類の行間を駆使するなど、初見で「この動画で勉強したい」と思わせるために工夫しているポイントを披露。

現場の教員に向けて板書のコツを尋ねられると、「あえて“書いて消して”を繰り返さない。この1面しか板書できないと思うと、自然と情報がそぎ落とされ、シンプルで分かりやすい板書になる」とアドバイスした。

教育現場のICT活用については、関東で保育士として勤務しながら、保護者向けに子供への接し方についてのYouTube動画を配信する「てぃ先生」が、保育所や幼稚園では学校現場と比べICT活用が進み、生産性向上につながっていると説明。

勤務する園では、保育時間の延長料を電子マネーのSuicaなどで支払うシステムが導入され、保育士の業務軽減につながったという。その上でICT機器について、「場数を踏んで、実際に触ってみなければ始まらない」と指摘。

葉一さんもそれに賛同し、「効率化できるものばかり。(機器の)知識を知るだけでなく、実際に試して便利さに触れてほしい。これまで不便でも何とかやってきたので、変化に臆病になっている先生もいるかもしれない。まず気付いた先生が実例を出して、それをどんどん発信し、広げていくことが大切だ」と話した。

また、ネットやSNSで膨大な情報に触れ続ける子供たちに対して、「大人たちは、情報の取捨選択の仕方を教えなければいけない」と指摘。「例えば学習法についても、『朝だけ』『夜だけ』『3時間集中して』など、さまざまな情報に触れ、混乱して、動けなくなっている子供をよく目にする。試してみて合わなかったら、その情報は捨てていいんだよと声を掛けるのは、大人の役目だと思う」と、デジタルネーティブ時代の教師の役割について提案した。

さらに「てぃ先生」は、教師や保育士など子供と関わる大人が「子供のためにと思いがち」と指摘。「子供に楽しんでほしいなら、まず自分が幸せにならなければ、いつか限界がきてしまう。子供を思うのと同じ分だけ、自分のために頑張ってほしい」とエールを送った。

このセッションは4月21~23日開催予定のDMM.com主催「教育総合サミット2021Spring」で配信される。

次のニュースを読む >

関連