教師の魅力をSNSで発信 文科省が「#教師のバトン」

長時間勤務など教師のマイナスイメージが広がりがちな中、教職を目指す学生などに教師の魅力をSNSで発信しようと、文科省の「#教師のバトン」プロジェクトが3月26日、スタートした。ツイッターなどを通して、学校現場で児童生徒に積極的に向き合う教師の姿などを紹介する試み。萩生田光一文科相は同日の閣議後会見で、「学校の未来に向けてバトンをつなぎ、全国の学校現場の取り組みや日々の教育活動における教師の皆さんの思いを社会に広く知っていただくとともに、教職を目指すにあたっての準備に役立てていただきたい」と期待を述べた。

「#教師のバトン」プロジェクトの公式ツイッターの画面

同プロジェクトでは、教師や保護者などから幅広く、学校現場での新しい教育実践やICTの効果的活用、働き方改革による職場環境改善などの事例を募集し、公式ツイッターなどを通して発信する。「#教師のバトン」のハッシュタグを付け、文章や写真などを添えて投稿すると、公式ツイッターの画面から発信され、フォロワーなどに紹介される。

また、ブログのような長文の記事などを投稿できるウェブサイト「note」にもページを開設し、同様に寄せられた投稿を紹介するほか、教職に関する制度改革に向けた同省の最新の動きを解説する記事なども掲載する。

同省では、今年2月に公表した「『令和の日本型学校教育』を担う教師の人材確保・質向上プラン」を踏まえて、具体的なプロジェクトについて検討を進めてきた。この中で教職を目指す学生ら数十人に聞き取りを行ったところ、「長時間勤務などの報道を見ると不安になる」「自信をなくした」などのネガティブな声が聞かれたという。このため子供たちの可能性を引き出す教師の魅力や、多くの教師が前向きに取り組む姿を積極的に伝える必要があるとして、今回のプロジェクトを企画した。

また、教員養成系の大学生や教員らへのヒアリングで「学生たちに影響がある」などとして推薦のあった、教育関係者やNPO法人代表、研究者など約50人も応援団となり、各メンバーの投稿が公式ツイッターで紹介される。

プロジェクトを中心的に進める文科省生涯学習推進課は「全国の学校現場の積極的な取り組みや教師の思いなどを、教職を目指す人たちに伝えたい。社会全体で教師を応援する雰囲気を醸成したい」と話している。

次のニュースを読む >

関連
関連記事