「子供たちのため譲れない政策は守り前へ」 萩生田文科相

今年度の文科省の入省式が4月1日、文科省で行われた。66人の新規採用職員を前に萩生田光一文科相は「子供たちの将来のため、未来のために譲れない政策は、何があってもしっかり守り、前へ進めていく力が必要」と訓示を述べた。

新規採用職員66人を迎えた文科省の入省式

同省人事課によると、新職員の内訳は総合職35人、一般職31人。女性職員は30人で45%を占めており、ここ数年で最も高い割合だという。式には、幹部職員と新職員全員が出席した。

訓示に立った萩生田文科相は「コロナ禍のような困難に直面しながらも、文科省は日本社会にとって大変重要な政策を着実に前に進め、教育分野では多様な子供たちの可能性を引き出す教育へと転換すべく、GIGAスクール構想や35人学級などを実現している」と説明。

「霞ヶ関の慣例にとらわれず、新しい発想でさまざまな意見を言ってほしい。子供たちの将来のため、未来のために譲れない政策は、何があってもしっかり守り前へ進めていく力が必要であり、高い志と強い気概をもって国家と社会のために活躍してほしい」と言葉を送った。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集