【GIGA到来】「整備から利活用のフェーズに」 文科相

GIGAスクール構想の本格スタートに伴い、文科省は4月から全国の学校現場を支援する「GIGA StuDX推進チーム」に新たに8人の教師を増員し、本格的な支援を始めた。すでに特設サイトも立ち上げ、今後、1人1台端末活用の優良事例などを発信する。萩生田光一文科相は4月2日の閣議後会見で、「今までは環境整備に力を入れてきたが、これからは利活用にフェーズが変わる。学校でのICTの活用イメージを共有しながら、国、教育委員会、学校が協働してGIGAスクール構想の実現に取り組みたい」と意欲を示した。

GIGAスクール構想の学校現場支援について語る萩生田文科相

同省はGIGAスクール構想の本格始動に向けて昨年12月、省内に「GIGA StuDX推進チーム」を設置し、現場の支援に向けた準備を進めてきた。そして今月から全国の教育委員会や学校でのICT端末の利活用を支援するため、新たに8人の教師をチームに加え、本格的な支援活動を始めた。

推進チームのメンバーはそれぞれ担当地域を持ち、各地域の教育委員会のICT担当者などとオンラインを活用しながら密に連絡を取るネットワークを構築する。1人1台端末の活用や端末管理のルール作りなど、現場の悩みや課題について具体的にアドバイスする。

学校現場支援のため立ち上げたサイト「StuDX Style」のページ

また、文科省HP内に特設サイト「StuDX Style」も立ち上げ、初めて端末を利用する教員らに向けた活用方法の「入門編」を掲載している。今後、端末の活用方法に関する優良事例や、本格始動に向けた対応事例などについての情報を発信する予定。

萩生田文科相は閣議後会見で、「GIGAスクール元年とも言うべき学校における1人1台端末環境下での新しい学びがスタートし、全国から優れた経験と知見を有する8人の教師の方々を迎え入れて、専属で指導面での支援活動に当たっていただくことにした。学校でのICTの活用イメージを具体的に共有しながら、国、教育委員会、学校が協働して取り組みたい」とGIGAスクール構想の推進に向けて意欲を示した。

また、現場へのメッセージとして、「今までは環境整備に力を入れてきたが、これからは利活用にフェーズが変わっていく。先生方も初めてのことでいろいろな負担があると思うが、全てをフルスペックですぐ進めようとすると混乱が起きるので、しっかり正しく必要なことからステップバイステップで前に進んでもらいたい」と話した。

一方、約40の自治体で1人1台端末の整備が遅れていることについて、「昨日までの間にもう一度、各自治体に改めてしっかり整備をしてほしいとお願いした。2学期からという自治体もあるが、同じ義務教育を受ける子供たちにとってはかわいそうな話なので、民間と協力することで課題を詰められるのならお手伝いしようと、文科省としても努力をしている」と述べ、できるだけ前倒しできるよう取り組む姿勢を示した。

次のニュースを読む >

関連