ネットワーク、パスの管理… ICTのリアルな課題を共有

昨年度中に学習者用端末の活用を始めた地域での取り組み状況や課題を、共有して議論するパネルディスカッションがこのほど、オンラインで開催された。主催は日本教育情報化振興会教育ICT課題対策部会。豊福晋平・国際大学GLOCOM准教授がパネリストを務め、小中学校の教諭や教育委員会の指導主事ら5人のパネリストが、「子供たち自身が主役のICT活用をいかに実現するか?」というテーマで、機器やパスの管理、ネットワーク環境、実践などICTに関する実情を報告し合った。

ICTに関する実情を報告したパネルディスカッション

岐阜県瑞穂市立巣南中学校の松井浩教諭は、ICT端末の活用開始フェーズの課題として、「使うことが目的化しやすい」というリスクを指摘。「この状況は、総合的な学習の時間や生活科の経験と重なる。体験重視を声高に叫んだ結果、体験させることが目的となってしまい、活動あって学びなしという状況に陥った。GIGAスクール構想では同じ失敗にならないように、学びの本質を追求するためにICTを活用していくという視点を持つことが重要」と述べた。

青森県つがる市立育成小学校の前多昌顕教諭は「まず、最初の授業でICTを活用して授業の狙いを達成するなどと、考えない方がいい」とアドバイス。「こんな面白いものが配られるわけなので、最初は思いっきり遊ばせてあげればよい。初めて鉛筆やクレヨンを持った子供は、面白くて壁に描いてしまったりするもの。その状態はデジタル機器に限らず起こるわけなので、子供たちにとってICT端末が当たり前のものになってから、授業で活用していけばいいと思う」と語った。

北海道森町総務課の職員で、総務省地域情報化アドバイザーや内閣官房オープンデータ伝道師も務める山形巧哉氏は「森町は3年前からサーバーレスのクラウド環境が構築されていたが、クラウドの活用が多ければ多いほどネットワークへの負荷は大きい。その負荷は想像以上のものだった」と振り返った。「以前は、先生たちから全然つながらないと苦情がくることが多々あり、回線が太ければ良いというものではないことを学んだ。今回のGIGAスクール関連事業では、補助の対象外ではあるが、ルーターなどネットワーク機器の性能の検討・検証に注力して環境整備を進めた」と述べ、文科省の補助範囲でおさめようとすると、実際には使えないネットワーク環境になってしまうリスクを示唆した。

中四国地域から匿名で参加した小学校教諭は「本校では、子供たちのパスワード忘れ対策として、紙にパスワードを書かせ、その紙を学校の金庫で保管している。端末自体も保管庫に入れられ、保管庫の鍵は職員室で保管。アプリはほとんど入っておらず、家庭への持ち帰りも2022年度からとされている」と話した。

「現在は、同時に複数のクラスが端末を利用するとWi-Fiがパンクしてほとんど動かない状態になってしまう。端末自体が管理され過ぎて全く活用されておらず、生徒がちょっとでも授業と関係ないことをしていると端末を取り上げられてしまう。一方で、卒業した6年生の端末の新年度の切り替えの設定は誰がどのように実施するのか不明で、ICT支援員ですら知らないと言っている」と厳しい実情を明かした。

※編集部注 肩書きは全て3月現在のものです。

次のニュースを読む >

関連