中2が公園で凍死 旭川市が学校のいじめを調査へ

北海道旭川市で、行方不明だった中学2年の女子生徒(当時14歳)が、3月に公園で凍死しているのが見つかり、同市は4月22日、学校のいじめの事実を調べる第三者委を設置することを決めた。女子生徒が学校でいじめを受けていたとする一部報道を受けての対応。

女子生徒は2月に自宅を出た後に行方不明となり、3月に雪の積もった公園で遺体が発見された。

その後、4月18日に、この女子生徒が1年生のころに通っていた別の中学校で、上級生からいじめを受けていたとメディアで報じられ、事態を重く見た旭川市では、西川将人市長と教育委員会の委員らが出席する非公開の会議を開き、対応を協議。いじめ防止対策推進法に基づく第三者委を立ち上げ、調査を行う方針を決めた。

同市教委によると、女子生徒が以前に通っていた学校や転校した後の学校では、いじめの事実の認知には至っておらず、遺族の意向も聞きながら、第三者委の人選や具体的な調査内容を検討していくという。


ニュースをもっと読む >