【教員×投票】コロナ禍の昨年度 年休は取得できた?

横浜市教委が5月13日に公表した2020年度の働き方改革プランの取り組み状況では、年次有給休暇(年休)を年に10日以上取得できた教職員の割合が、19年度と比べて15ポイント低下したことが示されました(参考記事:教員の10日以上の年休取得15ポイント減 夏休み短縮が影響)。一斉休校の影響で授業時数を確保する必要から、夏休みが短縮されたことが影響したとみられます。

あなたは昨年度(2020年度)、年休を例年と同じくらい取得できましたか?

あなたの意見で議論を深めてください
  • Facebookアカウントでログインすると、コメントできます(自分のFacebookページへの投稿可否を選択できます)。
  • 匿名でのコメントはこちらから

Edubateとは
  • Edubateは教育に関する問題、課題について、多様な視点から投票・投稿し、議論を深めるための空間です。テーマについての、あなたの意見を投稿してください。
  • コメント内容は教育新聞の記事にて匿名で紹介させていただく可能性があります。
  • コメント機能はFacebookの提供です。
関連記事