妊娠で採用1年間猶予 長野県教員採用試験、来年度から

長野県教委はこのほど、2022年度の教員採用試験から、妊娠中の合格内定者が希望する場合、1年間の採用猶予期間を設ける制度を新たに導入すると発表した。さらに体調に不安がある妊娠中の受験者に対して、過度な負担がかからないように、個別に配慮する体制も整える。女性の労働環境の整備や、働く女性の応援につなげることが狙い。

同県教委によると、新制度は、猶予期間明けの22年4月1日より勤務することが条件。希望者は今年11月末までに、母子手帳など証明書類を提出する。猶予期間の1年間は、希望者は非常勤講師として実務に就くことができるなど、個人の体調や環境に合わせて柔軟な対応を講じるという。

他にも同県教委では、男女ともに不妊治療に専念するための休暇を最長1年間取得できる制度をはじめ、性別に関わらず働きやすい労働環境の整備に注力している。

今回の制度もその一環で、担当者は「特に妊娠や出産は体調や事情に個人差が生じるので、柔軟に配慮したい。働く女性に優しい長野県の取り組みを推進していきたい」と話す。