全高長新会長に杉本悦郎氏を選出 都立小金井北高校長

全国高等学校長協会(全高長)は5月18日、オンラインで常務理事会を開催し、新会長に杉本悦郎(えつお)東京都立小金井北高校校長を選出した。前会長の萩原聡東京都立西高校校長は顧問に就任する。

新会長の杉本校長は現在59歳。早稲田大学卒業後、1984年度に都立松が谷高校の数学科教諭として教員人生をスタートした。その後、都立北園高校校長を経て、2019年度に都立小金井北高校校長に着任した。

杉本校長は教育新聞の取材に対し、「ちょうど高校は来年度から新学習指導要領がスタートする。中教審も第11期の議論が始まり、大学入試も変わるなど、さまざまな変化に柔軟に対応し、適切に情報提供をしていきたい」と意欲を示した。

常務理事会では、新会長の選出のほか、常務理事などの役員の改選や今年度の活動方針などが了承された。

全高長では5月19、20日にさいたま市の大宮ソニックシティホールで第73回総会・研究協議会を開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、参加者への資料送付による誌上開催形式に変更されている。


ニュースをもっと読む >