2020年の出生数が過去最少に コロナ禍で少子化に拍車

厚労省が6月4日に公表した人口動態調査によると、2020年の1年間の出生数は約84万人で、過去最少となった。婚姻件数も戦後最少となり、コロナ禍が日本の少子化に一層拍車を掛ける構図となった。

出生数・合計特殊出生率の年次推移

出生数は84万832人で、前年と比べ2万4407人減少。出生数は15年に5年ぶりに増加したものの、16年以降5年連続で減少している。

出生数を5歳ごとの母親の年齢階級別にみると、45歳以上では前年より増加したものの、44歳以下の各階級では減少。第1子出生時の母親の平均年齢は15年以降、30.7歳と横ばいが続く。

女性が15~49歳までに産む子供の数を平均した合計特殊出生率は1.34で、前年より0.02ポイント低下した。都道府県別に見ると、沖縄県(1.86)や島根県(1.69)、宮崎県(1.68)、長崎県(1.64)、鹿児島県(1.63)などが高く、東京都(1.13)や北海道(1.21)、宮城県(1.21)、京都府(1.22)、神奈川県(1.25)が低い。

また、婚姻件数は52万5490組で、前年よりも7万3517組減少し、戦後最少となった。平均初婚年齢は夫で31.0歳、妻は29.4歳で、共に前年と比べ0.2歳低下した。


ニュースをもっと読む >