富山市で約1000人が体調不良 給食の牛乳が原因の食中毒か

富山市は6月17日、市内の小中学校や保育施設の子供と教職員約1000人が、食中毒とみられる症状で欠席・早退していると発表した。給食で出された牛乳が原因とみられる。

同市によると、17日午後2時時点で、下痢や腹痛、嘔吐(おうと)などの症状を訴えて欠席・早退したのは、市内5つの保育所の園児100人と、市立小学校9校の児童608人および教職員3人、富山大学人間発達科学部附属小学校の児童34人、市立中学校4校の生徒219人の計964人に上った。いずれも入院や重症となったケースは報告されていない。

これらの学校などで提供されていた給食の牛乳が原因である可能性が高く、現在、市の保健所が調査を進めているが、原因の特定は数日かかる見込み。

富山市教委などでは、これらの学校の給食について、当面の間は牛乳の提供を見合わせ、生野菜なども熱処理をした形での提供に切り替えるなどの対策を取る。