21日から17大学で接種開始 文科相「地域貢献が重要」

今月21日から始まる大学での新型コロナウイルスのワクチン接種について、文科省は18日、同日までに174大学から実施の申請があり、17大学で21日から接種を始める見通しであることを明らかにした。萩生田光一文科相は同日の閣議後会見で、今後の大学での接種に向けて、「各大学が単体で接種を行うのではなく、近隣の教育関係者らへの接種も実施して地域に貢献することが重要であり、その拠点となるよう強く要請したい」と述べ、改めてワクチン接種を実施する大学には積極的に地域に貢献するよう呼び掛けていく考えを示した。

大学でのワクチン接種について述べる萩生田文科相

政府は今月21日から大学や企業などでのワクチン接種を開始することを可能としており、文科省は今月6日、大学でワクチンの接種を行う場合の申請手順などについて、全国の国公私立大学法人に事務連絡を出した。この中で、大学での実施については同省の「大学等ワクチン接種加速化検討チーム」に事前に相談することや、自大学の教職員・学生だけでなく、近隣の教育関係職員などにも対象を拡大することなどを求めている。

同省によると、これまでに261大学からワクチン接種について相談があり、174大学から実施の申請があった。18日正午時点で、このうち17大学で21日から接種を開始する見通しとなり、8大学では留学予定者の接種も行う予定という。

こうした動きを踏まえて萩生田文科相は会見で、「21日の週に複数の大学でスタートできるのは良かった。大学拠点接種にあたっては地域に貢献することが重要だと認識しており、近隣の教育関係者らにも接種を行う拠点となるよう、強く要請しながら取り組みを進めたい」と述べた。

21日からワクチン接種を実施する大学では、自治体と連携して地域住民や小中学校の教職員にも接種するケースや、近隣の大学の教職員と学生に接種するケースなど、さまざまな連携のケースがあるという。

一方で、一部の大学で自校の職員と学生の接種が終わったら会場を閉鎖するという情報もあることについて、萩生田文科相は「文科省としては自大学の教職員や学生のみならず、自校以外の大学や短大、近隣の小中学校などの教育関係者にもワクチン接種を行い、地域に貢献していただくことが拠点接種としての基本的な考え方と認識している。こういうことをやってもらってこそ、はじめて大学の接種会場だと思うので、強くお願いしていきたい」と述べ、改めて地域のワクチン接種拠点としての役割を果たすよう各大学に求めていく考えを示した。

さらに「ワクチン接種が終わったときに、どの大学がどんな対応をしたかは国民も興味があると思う」などと述べ、ワクチン接種がひと段落した後に、各大学の取り組みを検証することも示唆した。

21日からワクチン接種を予定している大学は次の通り。(留)は留学予定者の接種も行う予定の大学。

▽東日本学園北海道医療大学(留)▽東北大学▽慶應義塾大学(留)▽日本大学▽日本体育大学(留)▽湘南工科大学▽岩崎学園情報セキュリティ大学院大学▽松本歯科大学(留)▽大阪大学▽大阪経済法律学園大阪経済法科大学(留)▽関西大学▽近畿大学(留)▽西大和学園大和大学(留)▽神戸市看護大学▽広島大学▽徳島大学▽九州文化学園長崎国際大学(留)

あなたへのお薦め

 
特集