ルールでなく約束を 子供、家庭と考える1人1台活用

 GIGAスクール構想で整備された1人1台端末のこれからの活用について、子供たちがICTのよき使い手となるための「デジタル・シティズンシップ」の観点から、子供や家庭、学校がともに考えるための研修会(熊本大学教職大学院主催)がこのほど、オンラインで開かれた。端末の持ち帰りなどで家庭との連携が求められる場面も少なくない中、子供とともに適切な使い方を議論し、考えていくことの重要性が示された。

オンラインで行われたパネルディスカッション

 研修会ではまず、今度(いまど)珠美・鳥取県情報モラルエデュケーター・国際大学GLOCOM客員研究員が講演。1人1台端末を「学習以外のことに使うのでは」「長時間利用は健康・生活に悪影響を与えるのでは」という学校や保護者の悩みを受け止めた上で、「これまで、子供たちは勝手にインターネットという公共空間にデビューしていたが、これからはデビューするにあたり、必要な知識をしっかり学ぶことができる」と説明した。

 とりわけ学校や保護者が戸惑うことも多い、端末の家庭への持ち帰りについては「子供たちと一緒に、やっていいこと、いけないことを考えてほしい。上から下に与える『ルール』ではなく、相互に承認が必要な『約束』という言葉を使うのがよい。承認した側にも責任が生じ、自分のこととして考えることができるようになる」と提案した。

 「学習以外のことに使う」ことの是非について、今度氏は「まず学習とは何かを定義すべき。予習・復習・宿題だけでなく、絵を書いたり作曲したりという創造活動も学習に含める場合もあるかもしれない。これからの子供たちは、単に与えられるコンテンツを消費するだけではなく、作り出す経験も増やしていく必要がある」と助言した。

 同時に「子供たち自身にするべきこと、してはいけないことを考えさせることが大事」と強調。「無料で利用できるウェブサイトやゲーム、アプリなどは多いが、(その対価として)どういう情報が利用されているのかを知っておくほうがよい。例えばアダルトサイトの閲覧履歴が利用されて、アダルト広告や迷惑メールに遭遇することもある。こうしたことを学んでおくことで、立ち止まるブレーキになる」と話した。

 その後のパネルディスカッションには、今度氏のほか、熊本市PTA協議会の松島雄一郎会長、(一社)スタディライフ熊本の水野直樹氏、熊本市立帯山中学校の田中慎一朗教頭、同市教育センターの前田康裕主任指導主事が登壇し、PTA、保護者、学校の立場からそれぞれ意見を述べた。

 松島会長は「どうしてもタブレットイコール危険、という感想を持つ人もいるかもしれないが、保護者に周知する機会、実際にタブレットを扱う機会があるとよい。全国的にも初めての試みで、先生も戸惑いがある。温かい目で見ていただければ」と呼び掛けた。水野氏は保護者としての体験から、「保護者が子供と一緒にタブレットを使う環境があれば、保護者もタブレットを通じて学校とつながれるのでは」と話した。

 田中教頭は、同校の生徒が1人1台の端末を持ち帰り、学級担任に相談しづらい問題を教頭に直接伝えられるツールを設けたことを紹介。「月1回のアンケートで悩みを聞くより、相談したいタイミングでしたほうがよい」とその目的を説明した。生徒からは「いざとなったら、ここかなというのがあるのはうれしい」という言葉があったという。

 一方で、家庭との連携については、「生きづらさの中で、子供たちとサバイバー的な暮らしをしているご家庭もたくさんある。困っている家庭に対して『学校はタブレットを渡しましたので、家庭でどうにかしてください』と言うのは、学校としては非常に心苦しい」と問題意識も明かした。

 前田主任指導主事は「この問題はどこかに責任を押しつけても絶対解決しない。みんなで考えていく必要がある」と述べ、教育に関わる人々が対話を通して、1人1台端末に関わる新しい規範や仕組みを作っていくことの重要性を訴えた。

関連記事