国際地理オリンピック 金メダル2人含む4人受賞

 文科省は8月16日、今年の国際地理オリンピックに日本代表として参加した高校生4人のうち2人が金メダルを受賞し、ほか2人もそれぞれ銀メダルと銅メダルを獲得したと発表した。また同日、4人を文部科学大臣表彰の受賞者とすることを決めた。

 金メダルを獲得したのは、乙川文隆さん(新潟高校3年)と中森遼さん(灘高校3年)。銀メダルを獲得したのは片山大誠さん(筑波大学附属駒場高校2年)で、銅メダルは金澤政慧さん(智辯学園和歌山高校3年)。

 昨年予定されていたトルコ・イスタンブール大会が新型コロナウイルスの感染拡大のため今年に延期され、オンラインで開催された。今回は46の国・地域から182人の生徒が参加し、日本から参加した4人全員がメダルを獲得した。

 文科省は、国際的な科学技術コンテストで優秀な成績を収めた生徒に文部科学大臣表彰を行っており、今回受賞した4人も表彰することを決めた。

関連記事