【緊急事態宣言】9月12日まで分散登校を実施 群馬県教委

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の対象が8月17日、13都府県に拡大したことなどを受けて、新たにまん延防止等重点措置から緊急事態宣言に移行することになった群馬県は、県立学校について夏休み明けから緊急事態宣言の期間である9月12日まで、分散登校やオンライン授業を実施する方針を決めた。部活動についても休止する。

同県教委によると、分散登校を実施するのは県立高校、県立中等教育学校、県立特別支援学校で、8月17日付で各学校に通知した。小中学校を所管する市町村教委にも同日付で通知し、同様の対応を求めている。

分散登校は、学校の実情に応じて始業式を午前と午後に分けることや、学年・学級を2~3グループに分け、曜日や時間帯によって週2~3日登校させることなどを想定。同県では昨年度の段階で県立高校の生徒1人に1台の学習者用端末が配布されていることから、学校の授業を同時配信で家庭でも受けられるようにするなどの、オンラインを活用した学習支援も合わせて実施する。

9月12日までは部活動も休止とし、学校行事は感染リスクの高いものは避け、実施する場合であっても十分な対策を行うことを条件としている。

関連記事