【デルタ株危機】児童生徒の感染者数3万人超える 昨年6月以降

 新型コロナウイルス感染症の学校関係者の感染者数は、学校が本格的に再開した昨年6月から今年7月末までの間に、幼児と児童生徒は合わせて3万3781人、教職員は4560人に上ったことが8月20日、文科省の集計で分かった。7月に入り、児童生徒の感染者数は再び増加傾向にある。

児童生徒の感染者の推移(出所:文科省)

 今年7月の感染者の感染経路は、小学校と中学校で家庭内感染がそれぞれ71.3%、57.4%と最も高い。ただ、月別の推移を見ると小中学校とも「感染経路不明」の割合が徐々に高くなっている。

 一方、高校では「感染経路不明」が38.5%と最も高く、次いで家庭内感染(29.0%)、学校内感染(26.8%)だった。教職員では「感染経路不明」が62.5%と最も高く、次いで家庭内感染(20.5%)となっている。

7月の校種別感染経路(出所:文科省)

 政府は20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、沖縄の6都府県に発令中の緊急事態宣言の対象地域に、茨城、栃木、群馬、静岡、京都、兵庫、福岡の7府県を追加した。また宮城、富山、山梨、岐阜、三重、岡山、広島、香川、愛媛、鹿児島の10県には「まん延防止等重点措置」を適用した。

関連記事