児童虐待の相談対応件数 20万件超で過去最高に

 厚労省はこのほど、昨年度中に全国220カ所の児童相談所が児童虐待相談として対応した件数は20万5029件に上り、過去最高だったと発表した。同省では、心理的虐待の相談対応件数や警察などからの通告が増加したことを要因として挙げている。

 発表によると、2020年度中に、児童相談所が相談を受けて、援助方針会議の結果に基づき指導や措置を行う児童虐待相談対応件数は、前年度比で1万1249件増加。速報値ながら初めて20万件を超えた。同省が19年度と比べて児童虐待相談対応件数が増加した自治体からヒアリングを行ったところ、子どもの目の前で配偶者や家族に対して暴力行為を行う面前DVに関する警察からの通告が増加したという。

児童虐待の相談対応件数の推移

 虐待相談を内容別に見ると▽身体的虐待 5万33件▽ネグレクト 3万1420件▽性的虐待 2251件▽心理的虐待 12万1325件――で、特に10万件を超えた心理的虐待の増加が目立った。
 児童相談所に寄せられた虐待相談の経路は、警察が最も多く10万3619件で、次いで近隣知人の2万7641件、家族親戚の1万6763件だった。学校関係では、幼稚園が479件、学校が1万3643件、教育委員会が553件だった。

関連記事