コロナ陽性を報告せず 小学校の教員が自己判断で出勤


 兵庫県尼崎市教委は9月1日、市立小学校に勤務する教員が、新型コロナ陽性が判明していたにもかかわらず学校で勤務していたと発表した。この教員は陽性だったことを管理職に伝えておらず、体調が改善したことから出勤できると自分で判断していた。

 市教委によると、この教員が担任をしていた学級の児童を含め、これによる濃厚接触者は校内で確認されていないが、保健所の積極的疫学調査で特定された接触者に対しては、PCR検査を実施する。

 感染が確認された教員は、8月24日まで学校に勤務。発熱があったため25日に学校を休み、新型コロナウイルスの検査を行ったところ陽性だったが、この時点で管理職にそれを報告しなかった。その後、26~29日までは自宅で休み、始業式がある30日には体調が回復したことから、自ら出勤できると判断して学校に出勤。同日に保健所から本人に連絡が取れないとの問い合わせが市教委にあり、事態が明るみに出た。

 これを受けて、勤務していた小学校では31日に関連施設の消毒を実施し、一連の検査が終了するまで当面の間、臨時休校となった。

 市教委では今後、本人から事実確認のための聞き取りをした上で、県教委に報告するとしている。

関連記事